歯の施行から病気にならないように口の中を清潔に保とう

歯を大切にすることが大事

一番多い歯周病

歯垢が口の中に残った状態で放置しておくと細菌が生まれ、感染して炎症を起こし歯周病になります。
最初は歯茎が赤く腫れあがってしまったり、出血を起こしてしまったりします。
それがどんどんひどくなってくると、歯と歯茎の間にある歯周ポケットと言われる部分のポケットがどんどんなくなり溝が深くなってしまいます。
そうすると歯がぐらぐらしてきて、最終的には抜歯しなければならなくなってしまうのです。
おいしいご飯をいつまでも食べたいですよね、自分の歯を持つのはとても必要な事と言えます。
口の中にはどんなに清潔にしていても、細菌は想像以上にいます。
特に朝は多く細菌がいると言われていますので歯磨きは重要な事がわかります。
歯周病を避けるにはこまめな歯磨きは確実に必要だと言えるでしょう。

歯周病はどのような症状が出るのか

歯周病になってしまったらどのような症状が出てしまうのでしょうか。
個人差がありますが、一番多く症状として出るのは歯磨きをする際に歯茎からの出血です。
出血は磨き方を間違えて力を入れすぎが原因で出血したり、他にも様々出血してしまう原因があるので、一概に歯周病と決めつけるのは危険ですが、歯周病になると歯茎が弱くなり出血してしまう事が多いようです。
そして口の中の粘着きや、口臭が気になったり、他にもいっぱいありますので、ひどくなる前に、気づきやすいのです。
そこで治療をきちんとすれば、簡単な治療で済むので、痛みに弱い方は特に早めに歯医者に行くことをお勧めします。
歯を抜かなければいけなくなる前に治療をし自分の歯を守りましょう。


Share!
B!

ページTOPへ