歯の施行から病気にならないように口の中を清潔に保とう

歯周病と関係している病気とはなにか

妊婦さんは気をつけよう、妊婦性歯周病

妊婦さんは特に歯周病になりやすいと言われています。妊婦性歯周病という名前があるほど有名で、簡単に薬を飲める状態ではない妊婦さんがなってしまうと、治療がしたくてもなかなかできないのが現実です。
そして、歯周病がひどくなってしまうと、子供にも影響を及ぼしてしまう事が多々あります。
早産になったり低体重で生まれてきてしまう事があったりと、歯周病は体全体に影響を及ぼしてしまうのです。
妊娠する前に計画的に歯医者さんに行っておく事が良いと言えるでしょう。
できる事なら、計画的に治療を行ってから妊娠することで、心配も軽減されて妊婦に余計な不安やストレスが無くなるので、妊娠する前に自分の体のコンディションをきちんと整えましょう。

歯周病と糖尿病の関係性

糖尿病と歯周病は大きく関係していると昔から言われていましたが、やはり糖尿病の合併症で、歯周病になる方がとても多いようです。
そして糖尿病の患者が歯周病をほっといてしまうと、糖尿病の症状が悪化してしまう事がわかってきています。
それだけではなく、歯周病の治療をきちんとしている人は、糖尿病の症状も改善されたケースがあるのです。
全く関係のない病気だと思わないで、気になることがもしあるのなら、病院に行くことが何よりも大事です。
糖尿病だけではなく、歯周病が原因の病気は沢山あります。
口の中を清潔にして、歯磨きも丁寧にする事が良いと言えるでしょう。
面倒な事でも、毎日やっていれば習慣になってしまいます。
慣れるまで頑張ってみてはいかがでしょうか。


Share!
B!

ページTOPへ